アウターに左右されない!アウターを着ていても着ていなくてもおしゃれな冬コーデを♪

アウターありもアウターなしもおしゃれな冬コーデ

冬はアウターがマストな季節。アウターを着ているときのおしゃれはもちろん、室内で脱いだ時もおしゃれなコーディネートを心がけたいですよね。

そこで今回は、アウターを着ていても着ていなくてもおしゃれな冬コーデをいくつかまとめてご紹介したいと思います。ぜひ最後までチェックしてお気に入りのコーディネートを探してみてください。

アウターを着ていてもおしゃれなコーディネート

[Pierrot] ノーカラーショートコート

zozo.jp

さっぱりとしたホワイトパンツを使うことで、落ち着いたカラー使いのコーディネートもパッと明るく見えますね。

首元にスカーフを巻いて華やかさを演出するのもポイント。

[Pierrot] メルトンロングチェスターコート

zozo.jp

トレンドカラーのパープルをアウターで取り入れたスタイル。スモーキーな色味なので、大人っぽさもばっちりですね。

コーディネートはシンプルでも、アウターが明るいカラーなら着映えが叶います。

[UNITED ARROWS] UBCS ファースリーブ コート

zozo.jp

袖のファーが印象的なコートは、ダークカラーでまとめたコーディネートに華やかな印象をプラスしてくれます。

ふわふわのファーが高級感たっぷりでコーデの高見えも叶いますね。

[Pierrot] ボンディング バックフレアデザインアウター

zozo.jp

バックデザインにこだわったアウターは、後ろ姿もおしゃれに見せてくれます。

大ぶりのフリルがアクセントになったコートは、女性らしいかわいらしさも感じられますね。

[Pierrot] ボアリバーシブルキルティングコート

zozo.jp

普段きれいめに着こなすことが多いプリーツスカートを、キルティングコートでカジュアルダウンするのもいいですね。

首元にスカーフを巻いて存在感もアップ。

[Pierrot] メルトンストール付きノーカラーコート

zozo.jp

マフラーとセットになったコートは、簡単にこなれコーデを作ってくれます。

ワントーンでまとめるのが人気の今、今年らしさを出したいときにもおすすめのアイテムです。

[ROPE' PICNIC] 【WEB限定】CPOジャケット

zozo.jp

今年はメンズライクなCPOジャケットが大人気。スカートコーデに合わせれば、女性らしく着こなすことができるのでおすすめです。

ウエストのリボンベルトでキュッと締めると、膨張感も気になりませんね。

[Pierrot] ウール混ノーカラーチェックコート

zozo.jp

チェック柄のコートは、コーディネートの主役になってくれるアイテムです。

地味見えしやすいワンピースコーデも存在感がアップしていますね。

アウターを着ていなくてもおしゃれなコーディネート

[BARNYARDSTORM] BARNYARDSTORM / テーパードサロペ

zozo.jp

今年は、大人女性にもデニムサロペットが人気です。

子供っぽいイメージがあるデニムサロペットですが、細身のシルエットならきれいめに着こなすことができますよ。

カーディガンを肩からかけてこなれ感を出すのもgood。

[Pierrot] ノーカラーショートコート

zozo.jp

赤ニットは、タートルネックのものをチョイスして大人っぽさをアピールしましょう。

合わせるアイテムも落ち着いたカラーにすることで、幼さを解消できます。

[Pierrot] ノーカラーショートコート

zozo.jp

今年はワントーンコーデが人気。セットアップなら、簡単におしゃれなワントーンコーデを作ることができますよ。

小物をアクセントにして、地味見えを回避しましょう。

[Pierrot] ノーカラーショートコート

zozo.jp

ヴィンテージライクな雰囲気で大人の上品さを演出してくれるスカート。

パーカーでカジュアルダウンしても品のある着こなしに仕上がっていますね。

[Pierrot] ノーカラーショートコート

zozo.jp

シャツワンピースは、きちんと感があって大人コーデに欠かせないアイテムです。

羽織としても使えるので、一枚持っておくとコーデの幅が広がりますよ。

[Pierrot] ノーカラーショートコート

zozo.jp

きれい色のニットワンピースで、シンプルなコーディネートでも着映えを叶えちゃいましょう。

カラーワンピースは一枚でも存在感たっぷりですが、パンツやスカートを合わせるとより新鮮味のある着こなしに仕上がります。

[Pierrot] ノーカラーショートコート

zozo.jp

今ゲットしておけば春まで使えるデニムワンピース。

キャミソールタイプならいろいろなトップスと合わせた着回しが楽しめるので、コーデの幅を広げることができますよ。

アウターに左右されないおしゃれを!

いかがでしたか?アウターを着ていてもおしゃれ、着ていなくてもおしゃれなコーディネートをまとめてご紹介しました。

お気に入りのコーディネートはあったでしょうか?冬は、アウターに左右されないおしゃれを心がけたいですね。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9394033