アクリル樹脂製ブラシ&手鏡セット


e0074478_01524172.jpg パリ市内の古物市で見つけた、アクリル樹脂製のブラシと手鏡のセット。アクリル樹脂に細工を施したものというと、ブローチの場合が多く、ブラシなどの実用品は珍しいです。一番右のブラシは髪の毛用であるのはわかりますが、その隣は靴用で、一番左は服用でしょうか。この種のアクリル樹脂は日本ではルーサイトとも呼ばれているものの、ルーサイトは商品名というか会社名。また、フランスではプレキシガラスと呼ぶことが多いのだけれど、こちらもやはり商品名。アクリル樹脂が一番無難かもしれません。e0074478_01524178.jpg 裏側から鋭利なもので彫り、白い塗料で着色しています。でも、どのような工程を経ているのかはわからず。おそらくはジュネーヴに近い樹脂の街、オヨナックスで1930~40年代に制作されたもの。e0074478_01524101.jpg このように立体的に見えるのだから素敵。一体誰が発案したのかわかりませんが、考えた人を称賛したいです。目立つような傷などは無く、使用に耐え得る状態。神戸では里親が見つからなかったので、大阪で再デビューさせます~。

ゴシゴシ洗えないのが難点かも~

人気ブログランキングに投票!


#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://tomos.exblog.jp/28680749