サイズがピッタリなニット


サイズがピッタリなニット_f0378589_00544799.jpgさりげないデザインのニットなのだけれど、着やすくて暖かい。

自由ヶ丘に本店のあるSLOANEのジーロンラム+カシミアのタートルネックは雑誌でよく紹介されたためか、今はもう売り切れ。
色はグレージュとでもいうのだろうか。あまり着ない色なのでちょっと懸念したが、案外顔映りはいい。
サイズがピッタリなニット_f0378589_01140636.jpgネックの長さが長すぎず短すぎず、折り曲げた時にちょうど良い。
何よりもサイズが私にピッタリ。
肩も落ちないし、そで丈も長くない。身幅は流行りのビッグサイズなので一番小さいサイズがちょうどよかった。
ニットって、案外サイズが合うものを見つけるのが難しい。なで肩なので肩が極端に落ちるものは格好が悪い。
それに腕も短いほうなので袖を幾重にも折ったり、肩の方へたぐったりしないと合わないニットが多い。
ニットの袖丈などを直してくれるところもあるらしいが、案外高くつくみたい。
なので、このようにサイズが合うニットは貴重な存在だ。
サイズがピッタリなニット_f0378589_01080708.jpgリーバイス501とGucci のブーツを合わせて。
渋い色ばかりなのでgisell の手作りバッグをアクセントに。
この上にはニットが厚手だとダウンは着られないのでダッフルコートを羽織る。
サイズがピッタリなニット_f0378589_01110535.jpgアイボリーのコーデュロイワイドパンツとショートブーツ(両方ともコントワーデコトニエ)。
アクセントにセリーヌのファンキーなスカーフを。




引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://inthe60s.exblog.jp/31025248