一緒にいられる今を抱きしめて★ヤモリ注意

こんにちは 冷たい雨が降り注ぎますが、お元気ですか。久しぶりのヤモリ注意です。

いろいろなことがありすぎて、それこそ生きてるって感じがします。いいこともそうでないことも、生の在りようを全て抱きしめる思いで、これまでの来し方を振り返ったり。

思うように行かないこと、辛抱が必要な時期、それでも今ここに確かにあるもの。いろいろなことに思いを馳せながら、お仕事が終わって飲むコーヒーの美味しさ。

ほんの小さなことが、これまで生きてきたどの時期よりも、有り難く心に響き、味わうことができることに気づきました。そしてどのようなことも、コントロールの外にあり、自分が何かやったとかできるといったことは幻影であり、全てを思し召しと受け取るようになりました。

願いはあっても、外の世界へ出かけて獲得しに行くものが、目標のようなものが何もありません。でも、楽しんでいることならあります。
海で泳ぐことや、舞台活動のように、自然と心の奥底から湧いてきて、行動せずにいられないもの。
でもそれすらもひたすら受け身なのです。

日々の暮らしは、生かされているという実感で満ちているのでしょう。

これまで何ら問題なく、卵をいっぱい産んで元気いっぱいでやってきたシビ、そして同じくニホンヤモリの雄のテセウスの不調が最近続いていたので、年月の経過を様々に感じることになりました。

IMG_0650ある朝、こうしていると分からないのですが、、、

IMG_0355

少し前から、右目の瞼に下垂が見られるようになったシビ。10月末の写真ですが、この後、目に脱皮の皮が残るようになって病院へ連れて行きましたが、先生の迅速な処置の後も白濁してゆき、今餌をほとんど食べません。見えないのかもしれません。動きはいたって普通です。

毎日、愉気(手当て)をしたり、話しかけたり、「今はまだまだ一緒にいられる。」との思いを噛み締め、朝晩少しでも共に過ごす時間を設けています。いろいろと辛いことがあった時に現れて、大いに楽しさや慰めを与えてくれた存在。シビュラももう3歳になりました。シビとの3年間は、とても充実していました。

今に生きることの大切さを常に教えてくれます。

IMG_2726

一年前の今頃のナレディ。

臆病なため、顎を低くしたこの姿勢が特徴のナレディも、今では尻尾がありません。
夏の間、一度死んでしまうのではないかと病院通いをして回復すると、病気だったなんて信じられないくらい、元気に餌を食べています。

尻尾がなくても、そのくらいではビクともしない生命力を、日々教えてくれます。

IMG_2727

IMG_2925

これは、サファリだったかな?わからなくなってしまいました。笑

IMG_2939

一年前、大人になった頃のシビ。目がまん丸でキラキラしています。だいたい2年くらいで大人として完成されるというのがよく分かる過程でした。

IMG_2715

IMG_2719
IMG_2723

同じ頃、一年前のシビです。懐かしいなあ!

IMG_0684

つい先日、徹夜に近い形で創作に没頭している時、キーランが枝から落ちそうになって眠っているのがまた、気が気でなりませんでした。(落ちたことが、はるか昔にあるので。)結果的には落ちなかったのですが、体重がその頃よりもずっと増えているのもあって。時々、すごい姿勢で寝てるんですよね。

IMG_0688

アヴァも見上げています。一人で黙々と作業しているようで、結構賑やかです。ヤモリに負けないくらい声を出さないアヴァです。深夜、生き物の気配を感じながら舞台のことを考えているのは、心底幸せです。

その昔にはあり得なかった環境。物言わぬ生き物たちの存在感と、生命力に感謝しながら。

IMG_0671

寒い朝には、スズメが話しかけてくるようでした。元気に餌を拾っている様子に心洗われました。

テセウスは元気に餌を食べるようになりました。続いてシビがよくなりますように。
それすらも、ベストを尽くしながらもコントロールはできないことを実感しつつ、今日も一緒に過ごしたいと思います。寒くなりましたから、ケージの下に敷いたパネルヒーターの上でじっとしているシビです。言葉にならない大切なことをたくさん教えてくる今があります。

みなさんありがとう。

IMG_0669

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/shaladina/archives/51969866.html