久しぶりのラトビア会で


たまたま雑誌で見たラトビアのミトンに魅力され、

ラトビア大使館にメールを送ってアポイントを取り、
1人で大使館を訪問し、(←けっこう積極的)

ラトビア雑貨を扱う「リガ・コレクション」さんを知り、
ラトビア行きに参加させてもらったのは、
2014年6月今から6年前のことでした。

その後、
ご一緒したお一人は、ラトビア編み物研究家として活躍されていらっしゃいます。
大使館やリガ・コレクションで開催される編み物教室は、いつも満杯だそうです。
久しぶりのラトビア会で_d0162995_13362360.jpeg
リガ・コレクションさんは、自由が丘に転居され、
今では、息子さんもお手伝いされているようです。
毎年、ラトビアツアーを企画していらして、こちらも大人気です。
久しぶりのラトビア会で_d0162995_13354157.jpeg
久しぶりのラトビア会で_d0162995_13355785.jpeg

久しぶりに皆さんにお会いして、懐かしい会話に盛り上がりました。
日本におけるラトビアの認知度も上がっているそうです。なんか、嬉しい^^
素朴で暖かなラトビアの手袋は、やはり好きです。
ご購入は、リガ・コレクションさんへ。




Commented
by
あんこ♪
at 2020-01-23 08:54
x
私もこちらで知ったラトビア!
雑誌に掲載されたり認知度上がってるようですね~
可愛い柄の手袋いいな~~♪

てぶくろさんが積極的でないなら他の人は・・・
ってねw

画像認証もう今日は30回以上してますが送れません(涙)他の人のは簡単なのにね~~w


Commented
by
uransuzu at 2020-01-23 09:20
>あんこちゃん
30回以上も?ごめんなさいね、それでもコメントくださって嬉しいです。でも、何故なのか…
あんこちゃんと私の相性?は、良いはずなのに。

考えてみたら、私、人見知りするのだけど、
手袋に関しては積極的、なのかもしれませんね。


Commented
by
koharu50 at 2020-01-23 09:31
こんなのがあるんですね。
近いのでのぞいてみようかしら。
いい情報ありがとうございます。


Commented
by
kuukau at 2020-01-23 09:49
大使館にアポイントを取り、1人で訪問できる人を人見知りとは言いません(笑)
手袋愛で人間が変わったとか?ぷ。
ラトビアまでも行くんだもの、行動的で人懐っこいから人脈が築けるのでしょう。
自慢して良いわよ。


Commented
by
sonoma0511 at 2020-01-23 10:02
てぶくろさんの、積極性は、マツコ以前からだったのですね。
納得です。一朝一夕に人間は変われるものじゃないもの。
リトアニアの麻製品は、今では通販の主流。認知度高い。
ラトビアは不案内でした。可愛い図案で惹きつけられます。
きっと刺繡も有名でしょうね?赤の色が特に。
私も、ブログする前は、画像認証で門前払いされました。
てぶくろさんだけでなく、皆さんに。時間の無駄と思った
程。


Commented
by
kyoko_mn at 2020-01-23 10:14
手袋への探究心が素晴らしいです。
素朴な感じの手袋に乙女心が擽られます♪


Commented
by
uransuzu at 2020-01-23 11:52
>小春さん
ぜひ、覗いてみてね。
ラトビアの小物がたくさんありますよ。
今。ミトンは人気で、売り切れ状態なんだそうですが。


Commented
by
uransuzu at 2020-01-23 11:58
>空子お姉ちゃん
本来は、大人しい方だと思うのだけど(笑)
一度決めたら、自分が納得するまで、追いかけていくかもしれない、たとえ世界の果てでも。
ただし、手袋に関してだけですよ〜〜。男性に関しては……ムニュムニュ。


Commented
by
uransuzu at 2020-01-23 12:04
>sonomaさん
マツコさんの番組では、まな板の上の鯉でした。
上手に調理してくださった、と思っています。
積極的に見えました?^^
ラトビアのミトンは、とても手が込んでいて、複雑な柄にも全て意味があって、知れば知るほど魅力されるの。
リネンも有名ですよ。
sonomaさんが、exciteでブログを始めてくださってから、楽にコメントできるようになったのよね。


Commented
by
uransuzu at 2020-01-23 12:06
>kyokoさん
擽られますでしょう。
一つ一つ全部異なるのよ、赤ちゃんが生まれた時から、おばあちゃんたちが編むの。
愛がこもっているのです。


Commented
by
cenepaseri at 2020-01-23 12:53
うふふ、私は手ぶくろさんはやや真面目な積極型と思っています。
って言うか、いざって時にクソ度胸があるって言うのか、
筋道をきちんと掌握して進める方だと分かります。
無理矢理ではなく、立てるものは立てて、恥じらいもまぶして😅
天地真理に少し似てる?と言って否定されたけど、
上沼恵美子もちょっぴり…
あ、ラトビアの手袋のお話でしたね、
ミトンの原型みたいで可愛いです。


Commented
by
uransuzu at 2020-01-23 14:08
>パセリさん
いやん、そんなに分析しちゃあ、、、
半分当たっているだけに恥ずかしいわぁ。
確かに、いざって時のクソ度胸は、自分でも認めます(笑)
きっと、あまり深く考えたり悩まないからよね。
決断は早く、間違えていたら素直にごめんなさい、です。
天地真理には似てないと思うんだけどな、まだ上沼恵美子の方が体型が似てきた…


Commented
by
akicosmosA at 2020-01-23 15:09
ラトピアの美しい街や人々のことを教えていただいたのもてぶくろさんでした。
それからは気持ちと頭にインプットしてその文字を見ると嬉しくなるのでした。
数年前の娘も出展したベア展で偶然にも後ろのブースがラトピアの方で美しいミトンもおいてありベアちゃんもかわいくて
娘のよりその方のベアを持ち帰ったよき思い出があります。
いつか行きたい国です。夢かないますように~**
人見知りのククク;;(爆)てぶくろさんその素敵なお人柄でもっともっとてぶくろの和を、輪を広げてくださいね。


Commented
by
uransuzu at 2020-01-23 15:39
>こすもすさん
そうなの、一時期、うなされたように、ラトビア、ラトビアと騒いでましたからね。
とても手先が器用なので、ミトンだけでなく、ベアちゃんやマフラー、籠なども得意です。
いつか、ご一緒にラトビアを訪問できるといいですね、私も旅貯金します。^^
あの本のこと、明日のブログに書きますね!


Commented
by
ラトビア編物研究家
at 2020-01-23 22:28
x
ラトビアのミトンをご紹介いただきありがとうございます。

赤いミトンはラトビアの伝統柄でザリガニの模様です。英語でロブスターと言ってました。ラトビアのザリガニを見たことはありません。が、日本のドブ川にいるものとは似て非なるものと思います。というのは、ラトビアではザリガニは夜と昼をつなぐもので、子宝に恵まれるという意味を持つそうです。

次回はザリガニを見に、ラトビアにご一緒しましょう⁈


Commented
by
uransuzu at 2020-01-23 22:41
>ラトビア編物研究家さま
コメントありがとうございます。
へー、ザリガニの柄なんですね、子宝に恵まれる?うーむ、、、私にはもはや必要ないかもしれないですね(笑)
柄の意味を知ると、もっともっと興味が出てきますね〜〜。
ザリガニ、あの森の池にもいるのかしら?行きたいわ❣️


Commented
by
gallery-asaba at 2020-01-24 02:23
てぶくろさんのプロ根性、もう脱帽です!
手袋への情熱の為せる技ですね。
ラトビア編み、初めて拝見しました。
可愛い〜!
とっても手が込んでいるのですね。


Commented
by
uransuzu at 2020-01-24 06:53
>浅羽さま
ありがとうございます。
プロ根性というか、好奇心ですね。
別に仕事に結びついた訳ではないし、、、素敵なお友達はできたけど^^
もっと複雑な編み込みの手袋もたくさんあって、いつも感激します。


Commented
by
Diary-17 at 2020-01-24 10:07
私もパセリさんと同じに思っています。
そして、しっかり者の嫁でビジネスウーマン!
きちんとした会社ですから名乗れば先方もビジネスの可能性を考えてきちんと対応してくれるはずですもの。


Commented
by
uransuzu at 2020-01-24 10:36
>Diaryさん
どうなんでしょう、本来の自分とはちょっと違っているように思いますが。
ブログでは、きちんとしてる?
家族が聞いたら爆笑しそうです。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://tebu96.exblog.jp/27942109