新鮮さゼロの新作バッグ

1年半ぶりにバッグを作りました。形は、以前作った通称「すいかバッグ」とほぼ同じ。

すいかバッグはかさ張るものも楽々入るので重宝していたけれど、使いすぎて生地がスレてきてしまいました。で、新しく作ろうかと。

ただ今回は布を少し節約したくてし、前作よりタック分を少なく。そうしたら、特徴的な下ぶくれのコロンとした形ではなく、ぱっと見が普通のトートバッグのように。よく使うブロンズ調 の合皮で作ったせいもあり、見慣れた感じで新作感ゼロ…

↓前作の持ち手をそのまま利用したので、よけいに新作っぽさがないのかも。こうやって置いてみると、底にタックが入っているのがわからな~い。タック分を節約しすぎた

↓タック、それなりに入れたのですが…

↓前作(左)と比べるとだいぶ形が違う。でも、ま、楕円底なので見た目より多めに入る

↓内側は4ポケット・2ホルダー(ペットボトル&眼鏡ケース用)。この収納スタイルが一番使いやすいので、作るのが面倒でも死守した!

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/fifties7952/e/97bc05b7d5a916ae37b978890b2a638c