1930’s~ American Optical glass frame


こんばんは、青森県弘前市のBUTTON UP CLOTHINGです。

早速、本日の商品紹介です。
1930’s~ American Optical glass frame ¥29,800 (税込 ¥32,780)
1930's~ American Optical glass frame_e0343648_20062414.jpeg1930年代〜、ヴィンテージのメガネフレームです。メーカーはAmerican Opticalと思われます。
使用感のほぼない極美品。
1930's~ American Optical glass frame_e0343648_20104429.jpegヴィンテージのフレームでもボストンやラウンドは根強い人気かと思いますが、今回紹介する個体はハーフリム。
主張しすぎず、知的な印象を演出できるフレームだと思います。
1930's~ American Optical glass frame_e0343648_20172331.jpegワイヤーテンプル。そして、見事なまでに美しいブリッジ、テンプルの彫金。
現在のものとは比べ物にならない、全く別次元の仕事がされています。もはや芸術品。
ヴィンテージメガネフレームが単にアイウェアというだけでなく、精巧に作られたアクセサリーの
ような印象を抱かせるのは、まさにこの緻密な彫金ゆえでしょう。
1930's~ American Optical glass frame_e0343648_20215181.jpeg今では見られないベークライト製のノーズパッド。
そして、ブリッジの刻印は「1/10 12KGF」、本金張りフレームです。
玉型フレーム下には「FLU-VUE 44LONG」の刻印。アメリカンオプティカルが30年代に考案した
「FUL-VUE」(フルビュー=full view)のラインナップだったと分かります。
1930's~ American Optical glass frame_e0343648_20390087.jpeg細いテンプルにも1/10 12KGFの刻印。肉眼ではまず読めません。
1930's~ American Optical glass frame_e0343648_20400624.jpeg最小限のパーツで構成されたガラスレンズのマウント部分も実にシンプルで見事。
全てのマイナスビスもとても綺麗なままです。
1930's~ American Optical glass frame_e0343648_20410441.jpeg2.3cmほどあるブリッジ部分は、程よく広めで平均的な日本人の顔にも合わせやすいかと思います。
ゴールドフィルのにぶい存在感と美しい形状のハーフリムの素晴らしいコンビネーション。
テンプルからテンプルが約11cm、顔幅の広い自分でも掛けられる位だったので、サイズもいける方が多いのでは。
現状、レンズに度はほぼ入っていないので、このまま伊達として掛けても良いですし、お好みでレンズを替えて
実用するのもお勧めです。
1930's~ American Optical glass frame_e0343648_20451163.jpeg小ぶりなケースもちゃんと使える状態で残っています。
1930's~ American Optical glass frame_e0343648_20454449.jpeg薄型で、板バネでバチンと開閉するケースもヴィンテージのフレーム特有のもので、実に使い勝手が良いです。
中にはカードも残っていて、ほとんどデッドストックと言っても差し支えないようなコンディションだと思います。
このハーフリムの個体は違和感なく取り入れていただける使いやすい一本だと思います。
昨年の買い付けでも状態の良いものに限って買い付けてきましたが、良いものから売れていっております。
現行品でこのクオリティのフレームは、入手できません。
他にもラウンド始め、数本ストックがありますので、お問い合わせもお気軽に。
メガネや靴には拘りたいですね!
1930's~ American Optical glass frame_e0343648_20490382.jpeg良いか悪いかは別として、店頭ではセリートも古いものを使っております笑
通販も対応いたします。
お問合せはお気軽にどうぞ!
BUTTON UP CLOTHING
〒036-8004
青森県弘前市大町3丁目10-8
Tel&Fax. 0172-37-6699
Mail. buttonuphirosaki@gmail.com



引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://buttonup.exblog.jp/28812713